2010年05月15日

看板;ネオン管が好きなんです♪

こんばんわ、コスミックの千明です。

今日はネオン管のお話。

漆黒の闇に輝きを放つネオン管。
如何にLEDが発達し、普及しようとも、
やっぱり、ネオン管に代替出来るほどの威力は持てないかと。

完全なる予断ですが個人的には、ピンクと青が好きですね。
紫なんかも、ちょっと妖艶な雰囲気を漂わせてくれるには最高です。

ネオン管が、あんなにも綺麗に輝くのは、
それだけの高い電圧をかけて、発光させているからでもありますよね。
色の鮮やかさについて、ネオンに勝るものは、未だ登場していないかと。

世の中の流れは、
LEDや液晶パネル、FFシートになり、
同時に技術の発展から、かなり価格についても下がっています。

LEDなども、多数のメーカーが技術を競い合って、
相当なレベルまで価格は下がっていますし、加工も多種多様。
電光掲示板も多数の形態で、ずいぶんと種類に幅があるものです。
ずいぶん発光輝度の高い電光掲示板もあり、
色々なニーズに応えることができるんだろうなぁ~なんて思いつつ。
駅前や大きな交差点の液晶パネル。
これは、看板と言うべきか、テレビと言うべきか。
何処もかしこも、インクジェット。
 『何処もかしこも』 とは言え、これまた多種多様です。
FFシートに出力するのか、これまたテント布に出力するのか、
ん~、垂れ幕だってお洒落な時代です。
垂れ幕とタペストリーの差が、単純に日本語と英語の違いのように思います。
(私の中では、垂れ幕とタペストリーについては差があります^^;)

いずれにしても、街並みというものが、ずいぶん変化しているんじゃないかな?と。

正直なところ、加工代や維持費などを考えても、
低価格なんですよね。

看板とは、自由であるべきだとも。

自由である、ということは、
そこに科学技術の発展の結果がいつも反映している世界。
これだけ、科学技術が発展した世の中で、
看板に限らずとも、適材適所であるべきではあると思います。

一概には比較しきれませんが、ネオン管とLEDを比較してしまうと、
やっぱり、LEDの方が遥かに安いとも言えるでしょう。
省エネを前面に、照明などもLEDに変わりつつある世の中ですから、
ネオン管は、やっぱり時代に逆行しているのかも知れません。

例えば、ネオン管をメインに看板の構想を練るとして、
例えば、LEDを使用したチャンネル文字の看板の構想を練るとして、
パッと思い描く初期投資費用については、そんなに変わらないかもしれません。
但し、その後の維持費などを考えていくと、
修理想定箇所としては、どうしてもネオン管の方が多くなりますね。
もちろん、外損がなければ半永久的とも言われるネオン管です。
しかし、大概、ネオン管は剥き出しの状態ですからね。
ガラス管です。やはり、数年単位では劣化の可能性なども否めません。
それなりに、劣化を防ぐ対応策は練って施工はするものですが、
あまりにも防御に身を置いてしまうと、ネオンの発光の魅力が半減してしまうものです。
それに対し、LEDのチャンネル文字の場合には、
早々多くの修理箇所の想定はないと言えるかなと思います。
LEDは部分補修が比較的簡単に出来ること、チャンネルに守られていること。

もちろん、上記2つの看板では、相当イメージが違いますけどね。
ただ、時代の流れ的なひとつの比較の目安として、ネオンに対しLEDかな?と。

科学技術が発展し、新素材の溢れる世の中で、
現状、未だネオン管を超える比較対象物は出ていないのかな?とも。
おそらくLEDの出始めは、ネオン管に勝るとも思われていたかと思いますが。

いずれにせよ、ネオン管が好きなのです!

個人的には、活気を失い始めたネオン街、
時代の流れとともに、インクジェットなどを主流に変化を遂げる歓楽街、
私は、なんとなく平面的に感じてしまうのです。

光の近さの問題でもあるのかもしれませんけどね。
蛍光灯やLEDの光は、遠くまでは届かないですからね。

ネオン管が、もっともっと増えれば良いのにって思ってます。
ネオンの価格が少しずつ上がってきました。
管にしろ、トランスにしろ、部材にしろ。相対的に。
需要が減ってきて、つまり供給も減ってきているのです。

だけど、夜の街をドライブしてみると、
やっぱり、漆黒の闇に映えるのはネオン管だなぁと、しみじみ思うのです。
ほんのわずかなポイント的な利用でも、目を奪われます。
単に私が好き過ぎるのかもしれませんけどね^^; その贔屓目は否定できません!笑
10代後半~20代前半は、夜な夜なウロウロ、当てもなく彷徨ってたタチです。
孤独とネオンというものが、リンクしていたような気もします。
やっぱり、あの鮮やかな発色には、何処か強さを感じるのです。
そして、ネオン管は一人だけでもメインを張り切ってしまうという、孤独な強さ。
どんなに大きなメイン看板があっても、
ついついバーのディスプレイであるZIMAに目を取られませんか?
(BudweiserやZIMAのディスプレイ、ネオン管ですよ^^)
そういった感覚です。
大きなメイン看板があっても、ネオンの部分に目が奪われる。

とほほほ・・・・。
そんなこんな記事を書きながら、ネオンが好きなんだなぁーなんて、
しみじみ思ってしまいましたicon12

ネオン管はもちろん、看板全般に魅力を感じてます。
新旧混在した、ある意味、混沌(カオス)的な、自由の象徴だなぁと思ったり。
自由である、ということはとても難しいことです。
奥が深くて、潜れば潜るほど、輝くはずの原石に出会うような感覚!
もっともっと沢山勉強しながら、携わっていきたいと思いつつで御座います^^



<お仕事関連記事、コチラもよろしくです^-^*>

『ちゃれんじ2010』 不用品・残置物・遺品・夜逃・ワケあり
『ちゃれんじ2010』 放置自転車無料
賃貸物件、駐車場・残置物片付。
トラック満載
春ですね、お引越しシーズンですね。
自転車回収 ^-^*
リモコン 1個50円買い取ります!
洗濯機も無料~買取です。
小型冷蔵庫 無料~買取情報です。
内装関係;洗濯機周辺です。
ネオン管修理、製作
看板メンテナンス。
ネオン管が大好きです!
カッティングシート
ステッカー、カッティングシート 無料プレゼント有
看板;データ修正は何度でも!
(看板)メニュー版取付施工中
火災、家屋解体工事

鉄・非鉄スクラップ&クレーン作業
エアコン工事 取外・取付
横浜・川崎市周辺 ポスティング大募集! 




同じカテゴリー(-看板)の記事画像
春一番に、春二番?そして春三番の風が吹くようです。
2017年 謹賀新年 いつもの新たなスタート地点。
本日はネオンを更新します。
高所 屋外ウィンドウサインの撤去
ネオン管 縄梯子作業
木製の手書き看板♪ 好きです。
同じカテゴリー(-看板)の記事
 春一番に、春二番?そして春三番の風が吹くようです。 (2017-02-21 17:28)
 2017年 謹賀新年 いつもの新たなスタート地点。 (2017-01-06 10:46)
 本日はネオンを更新します。 (2016-11-07 18:52)
 高所 屋外ウィンドウサインの撤去 (2016-10-11 10:25)
 ネオン管 縄梯子作業 (2016-06-21 17:08)
 木製の手書き看板♪ 好きです。 (2016-04-19 20:20)

Posted by コスミック at 22:46│Comments(0)-看板
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。