2011年03月11日

東北地方太平洋沖大地震

コスミック の千明です。

ツイッター http://twitter.com/cosmic_chiaki
Business7 http://www.business7.jp/corp/index.php?c=30393
グーグルプレイス http://maps.google.co.jp/maps/place?hl=ja&georestrict=input_srcid:4fcbf7a73dc63367

ブログ 横浜在住、お仕事してます。
ブログ ★看板 ★ 横浜コスミックサイン ★内装★

用途やご予算に応じて
看板製作・補修・メンテナンスの提案しております^^
お気軽にご相談くださいね。
どこでも飛んでお伺い致します!

店舗のトータルメンテナンス。
お店の徹底的なサポーターを目指してます。
看板・電気・内外装全般。お任せください^^

御相談・御用命及び御見積等々、お気軽にご連絡ください。 
メール nrb15428@nifty.com
又は http://homepage2.nifty.com/cosmic_web/ のお問い合わせカラ。
TEL 045-474-0908  FAX 045-474-0906


被災地の方々のご無事をお祈りしております。
そして、少しでも被害が拡大しないよう、事態の沈静化を祈るばかりで御座います。

さて、私は、地震当時、原宿裏通りあたりのお店で打ち合わせ中でした。
びっくりです。
建物の中から出て、階段を降り、外へ出るも揺れは収まらず。
今にも、地面が割れるのではないかと、不安が募り。

簡単な打ち合わせでもあったので、
地震が収まってから、再度確認、さて、と引き返しました。

なので、次の茨城県沖の揺れが来た時には、既に車の中でした。
異様な感じで、電柱や電線、案内板などがずいぶん揺れ。

その後も、車の中で地震を感じながら、どんどん渋滞していく道路。
子供たちの安否も気になり、しかし電話も繋がらず。
保育園と小学校からは渋滞している間に、無事です、の報告メールはきました。

一安心するも、とにかく異様な渋滞です。
高速道路閉鎖と、首都高からおりてくる車でしょうかね。
おそらく、仕事によっては切り上げて帰社、という方々も多かったのでは。
こちらへ戻ってくるまでに、たっぷり3時間かかりました。

横浜市に入ってからは、停電がものすごく多く感じました。
途中、事務所へ寄りましたが、荏田付近ではだいぶ停電してました。
停電がおきて、まずは信号ですね。信号がついていない。

そこから、目にした光景は、いろいろなことを考えさせられました。

まずは止まってしまった信号の為に、
周囲のお店の方が、誘導等を持って数名で誘導してくれていました。

大きな交差点では、警官が誘導している光景もありましたが、
私の通ってきた道は、最大限渋滞を避ける為、ドデカイ道を避け、裏道も併用しながら。
しかし、やっぱり大きな交差点は何箇所もあるのです。

トータル、警察官が足りていないのでしょう。
交差点、右左折共にあり、双方向からの車の通りがある場所。
そこには数名、民間企業の方が立っていて、誘導してくれていました。
主として車メーカー販売店様や、ガソリンスタンド様だったように思いますが、
ほんとに、あちこち誘導して下さっていました。

帰宅道路付近では、事故が起きた気配もなく、
おそらく、地震直後、信号が停止してしまった時点で、
すぐに、誘導を始めて下さったのではないでしょうか。

凄いなって。
ほんとに、心底凄いなって思いました。
通っていた道がず~っと信号が停止してしまっていたのですが、
ほんとに、大感謝です。

社会貢献、地域貢献。
こういう災害時に、すぐに行動のできる企業や人。

帰宅途中、何度も地震を感じていましたが、
ほんとに事故がなく、ここまで無事に帰宅できたのは、
こういった人たちのおかげなんだなと、痛感しております。
子供たちの顔も見れて、凄くほっとしております。

私の母方の田舎が茨城です。連絡が取れません。
災害伝言ダイヤル、何も録音されていませんでした。
知人が宮城です。こちらは、mixi上で大丈夫だよと連絡を確認しました。
友人の親戚が福島だそうです。大丈夫なのでしょうか。
お取引先様に栃木県本社様があります。大丈夫でしょうか。

とにかく、被害が拡大しないこと、そして事態の沈静化、祈っております。
しかし、まだ余震が収まりませんね。ずっと、ニュースとネットで地震速報見ています。



同じカテゴリー(-雑記・その他)の記事
 東日本大震災復興「Reconstruction JAPAN」 (2011-04-03 01:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。