2009年04月19日

混沌の沈静

混沌の沈静


(混沌)天地がまだ開けず不分明である状態。


いわゆる、世界的金融危機が、沈静化しつつあるのかなぁ?
なんて思いつつですが。


回復している、と言いたいのではありませんよ。
終戦直後、的な状態なのかな?と。


まだまだ、後遺症に悩まされる人も多々いるでしょうし、
目に見えないダメージを追っていて、今後露見してくる人も多々いるでしょうし。


ただ、混乱の状態が、沈静化しつつあるのかなーなんて。


さて、ココから、また歩いていかなければいけないんだな、と。
現状を把握しながら、調整しつつある感じになっているのかな、と。


とは言え。


下り坂を転げ落ちるのは、意図も簡単に!
しかし、ぐちゃぐちゃになった山道を修復しながら、又は別ルートを探索しながら、
改めて足を一歩一歩と歩を進めていくのは大変ですよね。
少しずつアイテムを集めて、ヒョイッとお宝グッズを早々に見つけちゃう人もいるけれど。
ましてや、人生のゲームにはゴールなんてものは、
生きてるうちにゃ誰も見ることができないんだからね。

世の中の経済的な底打ち感を感じつつ、
どこかに爆弾で出来てしまった落とし穴があるんじゃないかって、
少しビクつきながらですが。


なんとなくね。
麻生さんの支持率が回復してきたっていうのが、
私は、どこか混乱していた日本が、少しずつ落ち着きを戻しつつあるのかな、と。
個人的には、マスコミの報道が異常な気がするんですもん。
偏向報道。
だけど、それで視聴率が上がるとか、どーとか、
それを観ていて、OKとしちゃうって、
結局、視聴者側の一般市民である私たちが、それだけ混乱していたって事でしょう?
あてどころのない怒りや苦悩や、将来への不安が先行してしまって、
誰かを思いっきり悪者に仕立て上げてくれる、偏向報道。

揚げ足取って、引っ張ってやれ!おもしれーよ、もっともっと。

正論語ってもしょーがない。おもしろくしてくれ、誰のせいなんだ!って。
いーよ、いーよ。もっとやってくれ!って。


それがさ、多分さ、
民主党の小沢さんの秘書関連の問題だとかで、
なんだか分からないけど、一瞬、ハッとなってさー、
それから、お隣様からミサイル、ドッカーン!でしょ。

我に返るわ。

そしたら、冷静になってきたんじゃないのかなぁ。。。
だって、日本には、まず、相手を脅すよーなもん、何もないんだもん。
よく分からんけど、北朝鮮が核開発再開するっつって、アメリカ帰っちゃったの!?
あれ・・・?アメリカ様が日本を守ってくれるんじゃなかったの?
日本の裏側からさー。裏側から!


そら、我に返るわ。


金融危機に惑わされてる場合じゃないよなー。
自国は自国で守らなきゃいけないんだもんね。
自国内で、つまんねぇー事で足引っ張り合ってる場合じゃないよね。
大企業にも、大企業としての責任があるもんね。
株価、少しでも戻して頑張らなきゃね。
円が強いって事は、まだまだ、日本は頑張れるって事だもんね。


まぁ、とにかく、毎日、頑張りましょう。
私は日本に生まれて良かったと思うよ!
ただのパンピーだけど、
でも、日本のドラマ、すげーおもしろいし。
小説とかも、すげーおもしろいし。漫画、大好きだし。
子供たちに教えてあげたい事、いっぱいあるし。
一緒に、まだまだやってみたいこといっぱいあるし。
日本から出たことがないので、グローバルな視点は持っておりませんがね!
でも、日本の文化って素晴らしいと思うし、大事にしていきたいし、
いただきます、ごちそうさま、とか いってらっしゃい、おかえり、とか
わずらわしー世間様へのご挨拶とか、複雑な敬語とか、
社交辞令だとか、お世辞だとか、もーーーーーワケ分からん!的な勉強させられたけど、
それでも、日本流のコミュニケーションってすごいと思うし、
なんか分かんないけど、日本に生まれてよかったーって思うんだよ。

ってことは、自国は自国で守らねば!
色々、みんなで頑張ってこーよ。政治も経済も、ワケ分からんけど。


とりあえずは、平凡な毎日を。



同じカテゴリー(-世情勢)の記事画像
まだまだ、底冷えの感が否めませんね。
同じカテゴリー(-世情勢)の記事
 ネオン街(歓楽街)やら商店街やら。 (2010-06-25 23:28)
 慈善事業・・・、ではないです。 (2010-06-09 23:16)
 子供たちの未来へ出来ること (2010-03-23 09:01)
 新インフルエンザ→インフルA (2009-05-01 15:00)
 豚インフル→新型インフル フェーズ4 (2009-04-28 19:53)
 偽りの夜明け、明けない夜はない。 (2009-04-24 08:00)

Posted by コスミック at 20:52│Comments(0)-世情勢
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。